東京音楽院|クラシック個人音楽指導(ピアノ・声楽・ソルフェージュ・ヴァイオリン)武蔵野市

ピアノ・声楽・ソルフェージュ・ヴァイオリン(ヴィオラ、チェロ、アンサンブル)のクラシック個人音楽指導

ホーム ≫ 講師紹介 ≫

講師紹介とメッセージ

東京音楽院|ヴァイオリン講師:池田雄彦

池田 雄彦(ヴァイオリン・ヴィオラ・アンサンブル/院長)
IKEDA TAKEHIKO

4歳より故院長 池田敏雄からヴァイオリンの手ほどきを受け、東京藝術大学附属音楽高校を経て、東京藝術大学音楽学部器楽科を卒業。その後、渡欧しオーストリアのウィーン国立音楽演劇大学、ウィーン市立コンセルヴァトワール、またチェコのプラハにても学ぶ。オーストリア、チェコ、オランダ他で演奏活動をし、帰国後は都内オーケストラの客員コンサートマスターとしても活躍。岩崎洋三、J・シヴォー、I・ギトリス、J・スークの各氏に師事。

教育面では沖縄県立芸術大学助手を経て、現在は上野学園大学准教授、また代々木の日本ヴァイオリンにても指導しており、東京音楽院では院長として幅広い対象の生徒、学生を指導している。

~皆さまへのメッセージ~

「楽器の女王」といわれているヴァイオリン、独奏だけでなく室内楽や弦楽合奏、オーケストラでもその魅力と奥深さを感じることが出来ます。
全くの初心者から専門として取り組む方まで、個々のレベルに応じたきめ細やかな対応と指導を常々心掛けております。ヴァイオリンやアンサンブル等のレッスン、コンサートを通して音楽する喜びと感動を一緒に味わってまいりましょう。

東京音楽院|ピアノ講師:南口あけみ

南口あけみ(ピアノ・ソルフェージュ)
MINAMIGUCHI AKEMI

東京藝術大学音楽学部楽理科卒業
同大学院音楽研究科音楽学科音楽史専攻修了

~皆さまへのメッセージ~

学生の時から当音楽院にてピアノ・ソルフェージュの指導に当たっています。対象は、幼児から社会人で趣味としてピアノ演奏を楽しみたい方など、多岐にわたっています。

最初は、音を出すことの喜び、成長するにつれて自分の内面を音に託していかに表現していけるか、真剣に模索しながら取り組み、この過程を乗り超えていく事こそすべてに通じるのだと思います。それは、今私自身に問われていることでもあります。
趣味で故池田敏雄院長先生に手解きを受けて以来、ヴァイオリンを学んでいますが、(現在は、当院の池田雄彦院長に師事)理想の音・音楽を求めて、日々奮闘しています。
人は、いくつになっても自分の可能性を広げられると信じて生きています。
音楽は、心の糧になりうるものです。共に学んでみませんか!

東京音楽院|声楽講師:根來 加奈

根來 加奈(声楽・ヴォイストレーニング/ソプラノ)
NEGORO KANA

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業
同大学院修士課程オペラ科修了
ザルツブルグのモーツァルテウム国際アカデミー修了

その後ミラノにてビアンカマリア・カゾーニ氏に師事。オペラ出演、コンサート出演、「第九」「メサイア」等宗教曲のソリスト、講演会、ラジオ出演など多岐に活動。2000年より「音楽を身近に」との思いからトークを交えた『根來加奈リサイタルシリーズ』開始。今までに60回を数え好評を得ている。3枚のCDをリリース。二期会会員。

~皆さまへのメッセージ~

人間はすべて生まれつきの歌手です。どの人も歌うための肉体的資産は、生まれつき持っています。閉じ込められているその天与の能力を解放して鍵をはずしてあげること、発声器官そのものに本来の機能を思い出させ、発揮させること。これが声楽教師の役割です。

『喉の力が抜けて身体全体に音が鳴り響く事』、これが声を出すという行為です。そのために正しい姿勢や腹式呼吸が重要になります。腹式呼吸の重要性・必然性を学び、身体を使った正しい声の出し方を実践で指導いたします。
また、歌には歌詞があります。その為には顎の力を抜いた言葉の発語やディクションが必要です。顎や喉の力を抜いたディクションが出来るように指導していきます。

東京音楽院|声楽講師:足立 恭子

足立 恭子(声楽・ヴォイストレーニング/ソプラノ)
ADACHI KYOKO

国立音楽大学声楽学科卒業
ロータリー財団奨学金を取得、ドイツ国立デトモルト音楽大学声楽学科留学
宗教音楽研究所「聖グレゴリオの家」卒業

グレゴリオ聖歌の写本を研究。声楽を、エルンスト・ヘフリガー、ヘルムート・クレッチマール、イェルク・エーヴァルト・デーラー、アンネット・一恵・ストゥルナートの各氏に師事。

~皆さまへのメッセージ~

近年はストゥルナート氏からヨーロッパ正統な発声法を取得し、生徒さんのレベルが飛躍的に上がりました。小さなお子様からシニアの方まで幅広い年齢層を教えています。
自分自身の身体をレッスンを通して磨いていくことの楽しさをお伝え出来ればと思います。

最近では健康面でも、歌はとても良いと言われるようになりました。楽譜を読むのが苦手な方も、リズム感、音感に自信が無い方も必ず上達出来るように指導いたします。

東京音楽院|ピアノ・リトミック:仲村渠真紀

仲村渠 真紀(ピアノ・リトミック)
NAKANDAKARI MAKI

開邦高等学校芸術科、沖縄県立芸術大学、大学院修了。ウィーン、また、国内外の音楽家に師事。フランス音楽コンクール1位、長江杯国際音楽コンクール、大阪国際音楽コンクール等、多数のコンクールにて受賞。ソフィア交響楽団、ルセ交響楽団の定期演奏会にソリストとして招かれ演奏。高評を得る。リリースしたCDも各音楽専門誌において高い評価を得る。
また、後進の指導にも力を注ぎ、各コンクールへの入賞者を輩出している。

~皆さまへのメッセージ~

楽譜が読めるようになりたい、ソルフェージュ力や基礎力を付けたいという初心者の方から、ブランクを取り戻したい、より美しい音を出せるようになりたい、というステージに立つ方までリクエストに応じたオーダーメイドのレッスンをさせていただいています。また、国内外での様々な演奏経験から、いろいろなジャンルの音楽にも対応しています。自分だけが持つ音色を一緒に探してみませんか?

お問い合わせはこちら

サブメニュー

モバイルサイト

東京音楽院スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら